和みのヨーガ

日本人の智恵を集めた、<自然治癒予防整体>

・誰もが和みながら出来ます。
和みのヨーガのワークは、経絡にそってツボを押す、なでる、さする、意識を向けた所を動かす、そんな簡単なことのくり返しです。インド由来のヨーガとは異なり、難しいポーズがないので、小さなお子さんでもお年寄りでも、誰にでも出来るヨーガです。体が硬いことを気になさっている方でも、体力に自信のない方でも、無理をすることなく行えます。

・体の緊張をほぐし、ゆるめることで、自然治癒力を引き出します。
和みのヨーガで最も心がけているのは「体をゆるめる」こと。「力まずにゆっくりと体をゆるめるからこそ最大限の効果を引き出せる」という考え方が根底にあります。

・生活習慣の中で偏った身体のひずみを元の状態に戻すことが出来れば、誰もが健康で美しく、長生きをしていくことが出来ます。
和みのヨーガのインストラクターとして、ストレスから心と身体を解き放ち、本来の自分自身を取り戻すためのお手伝いをさせていただきます。是非一度体験をしてみませんか?(※福岡市内で活動予定)


和みのヨーガ体験談 ~手のひらのあたたかさ~

幼い頃から感受性が強く、常に体と心に緊張を抱えながら生きてきました。心身共にリラックスして生きていきたいと願いながら、その術が分からなかったのです。鍼灸治療やアロマテラピーなど様々な療法を試みましたが、体の緊張から解放されることはありませんでした。和みのヨーガに出会って、私は初めて自分の体をゆるめる術を知りました。

和みのヨーガは、「体と心をつなぐ」というヨーガの原義に忠実な手当て法です。自分の体に触れ、痛みやコリを感じ、その奥にある心の声に耳を傾けるようになりました。そして、体の痛みやコリに触れるたびに、「お疲れさま。もういいよ、がんばらなくていいよ」と心の中で声をかけながら、手当てを施すようになりました。

自分が作りだしたストレスや痛みは、自分で気づいて手当てしていくからこそ、消えていく。自分の中にこそ、自分を癒す力が備えられているのです。和みのヨーガの手当てを始めたとたん、ふだんは冷たい私の手のひらが、あたたかくなります。そのあたたかさの中に、確かな治癒力を感じています。そのことに気づいたことで、長年の胃痛と首筋や肩のコリ、さらに、医学的に再検査が求められていた症状から解放されました。体の痛みやコリ、病気などは、心のストレスが症状という形になって表れたものだったのです。

和みのヨーガは、なでる、さする、押すという誰にでもできる素朴な手当て法です。体をゆるめることで、個々人に備わっている自然治癒力を高めていきます。和みのヨーガにはソロワークとペアワークがあり、ペアワークを通して、お互いに自然治癒力を高め合うことができます。自然治癒力は体の声、そして、心の声。私は、和みのヨーガのワークの中で、その声に、くり返し耳を傾けることを通して、自分の感受性を生かすべきライフワークを見出すことができました。人生の半ばを過ぎて、和みのヨーガに出会い、新たな道が開けようとしています。


和風ヨーガ 書評

和風ヨーガは、和みのヨーガ創設者のガンダーリ松本氏の書籍です。


和風ヨーガとは、本書の副題にもなっている通り、日本人の体と心に合わせた健康術。数あるヨーガの中でも、日本人の風土と体に合った日本人のためのヨーガとして特筆すべき存在です。

その特長は、誰もが和みながら出来ること。和風ヨーガのワークは、経絡にそってツボを押す、なでる、さする、意識を向けた所を動かす、そんな簡単なことのくり返しです。インド由来のヨーガとは異なり、難しいポーズがないので、小さなお子さんでもお年寄りでも、誰にでも出来るヨーガです。

その目的は、本来のヨーガと同じく、体の緊張をほぐし、ゆるめることで、自然治癒力を引き出し、体と心を整えるということにありますが、和風ヨーガで最も心がけているのは「体をゆるめる」こと。「力まずにゆっくりと体をゆるめるからこそ最大限の効果を引き出せる」という考え方が根底にあります。本書の著者であり、和風ヨーガの考案者であるガンダーリ松本氏は、和風ヨーガのことを自ら「自然治癒予防整体」と呼んでいます。

私は、和風ヨーガのワークを通して、自分の体に触れ、痛みやコリ、こわばりを感じることで、その奥にある心の声に耳を傾けるようになりました。著者は、本書の中で「体のあちこちの痛みやコリ、病気などは、心のストレスが症状という形になって表れたもの」であることを述べていますが、そのことに気付くだけで、ストレスや胃痛、首筋や肩のコリを手放すことができました。本書の第一章に、和風ヨーガによる重度のヘルニアやうつ病、子どものぜんそくなど、様々な症状の改善例が記載されています。

自分が作りだしたストレスや痛みは、自分で気づいて手当てしていくからこそ、消えていく。自分の中にこそ、自分を癒す力があるのです。和風ヨーガのワークは、こうした「気づき」のきっかけ作りともなりました。また、和風ヨーガのペアワークを通して、自分だけでなく、家族や友人、知人の体と心をゆるめてあげることができるようになり、自分一人でアーサナを行う他のヨーガでは得られない喜びを味わっています。

ガンダーリ松本氏は、「みんなが幸せに暮らせる社会になる」ことを願いながら、25年あまりにわたって和風ヨーガを作り上げて来ました。そのベースとなっているのは心理学や大脳生理学、東洋医学、そして、日本古来の手当法です。和風ヨーガには、日本に古くから伝わる「おばあちゃんの知恵」がいっぱい詰まっています。

本書は、著者の初の著書です。和風ヨーガの具体的なワークや手当て法、そして、その基本的な考え方が分かりやすく述べられています。あなたも和風ヨーガを体験してみませんか? おばあちゃんやお母さんの手のひらのぬくもりを思い出す心温まるヨーガです。